2022.12.31まで

活動を進化させるための新たな挑戦

目標金額300万円

プロジェクト
詳細

矢印矢印

アレルギーを超えて。あなたらしい生き方を。 認定NPO法人 日本アレルギー友の会 アレルギーを超えて。あなたらしい生き方を。 認定NPO法人 日本アレルギー友の会

お問い合わせ
facebook        twitter
menu

日本アレルギー友の会の取り組み

助け合う、ともに学ぶ

  • 患者による療養相談
  • 月刊誌「あおぞら」の発行
  • 専門医の講演会
  • おしゃべりカフェ
  • 実践講座

アレルギーについて広く知らせる

  • ホームページの運営
  • メールマガジンの発行
  • 出版物

患者の声を届ける

  • 患者としての情報発信
  • 行政、地方自治体への提言

患者による療養相談

相談風景

 こんな悩みや不安はありませんか?

 電話相談やメール相談・オンライン相談(予約制)による療養相談に応じています。日本アレルギー学会、日本皮膚科学会の治療ガイドラインにある標準療法に基づき、長年、喘息やアトピー性皮膚炎と付き合い、苦しみを乗り越えてきた相談員が患者の立場からアドバイスを行います。また疾患を持つことの心の悩みや不安も同じ患者だからこそ理解できる相談員が、ピアカウンセリング(仲間同士の相談)をすることによりサポートいたします。

 ご不安なことがありましたら、ぜひご相談ください。

相談窓口

メールでの相談はこちらから

電話・オンライン相談はこちらから

※すぐに回答できないことがありますので、あらかじめご了承ください。

月刊誌「あおぞら」の発行

 専門医からの最新情報、患者の体験記、最新の薬情報、日常生活での工夫、講演会案内など、患者の求める情報をまとめた機関紙を毎月ご自宅にお送りします。

 「あおぞら」WEB版も発行し、パソコン・スマートフォン等でも「あおぞら」をお読みいただくことができます。会員の方は登録することで過去の記事の検索もできます。

あおぞらWEB版

専門医の講演会

講演会

 アレルギー疾患のスペシャリストが直々に患者さんへ講演します。また講演後に、参加者の質問に講師が直接答えます。主治医以外の先生方より意見が聞けるまたとない機会です。

おしゃべりカフェ

 患者同士、気軽に日頃の悩みや不安をおしゃべりする会です。おしゃべりカフェは2月、8月に開催しています。(現在はオンラインにて開催)

実践講座

 日常生活での対応法や、吸入器などの正しい使い方、外用薬の塗り方の実演など、患者が知りたい身近な内容について一緒に勉強しています。

患者会としての社会への情報発信

学会での発表

 日本アレルギー学会や日本皮膚科学会などの外部団体において、患者の立場からの提言や情報提供を行っています。またアレルギー疾患の正しい知識と患者の意見を社会に発信するため、新聞・雑誌・書籍などへの情報提供を行っています。

ホームページの運営およびメールマガジンの発行

 ホームページを開設し、当会の活動状況を公開するとともに、喘息やアトピー性皮膚炎の正しい情報の提供を行っています。またメールマガジンを発行し、会員外の方にも広くアレルギー疾患に関する正しい知識の提供に努めています。

出版物

 「患者だからわかる成人・小児ぜんそく」「患者だからわかるアトピー性皮膚炎」「医師と患者、ふたつの視点で考えるアトピー性皮膚炎」の3冊を刊行し、全国に発売することにより、患者に必要な知識の提供と社会への啓蒙を行っています。

行政・地方自治体への提言

 行政や地方自治体が主催するさまざまな協議会、研究事業から参加の要請を受けており、患者の立場からの提言や要望の提出を行っています。

サイト内検索

お問い合わせこちらから

SNS